「クレストトロン」の場合

留意事項

・本システムはクレストロン社は一切サポートしておりません。

概要

既存のクレストロンのプログラムと、Linked Boxから送られるテキストを”OR”でまとめることで、Google HomeなどIFTTTを使った操作が可能になります。

crestron
管理人
管理人
Linked Boxの特徴は下記に詳しく書かれています。一度ご覧ください。

Linked Boxの特徴

  • Google Homeとクレストロンが連携できる。
  • ポート転送やVPNなど、ルーターの設定に手を加えなくてもいい。
  • 日本語のタスクで実行できる

クレストロン側の下準備

TCP/IPサーバーの設定

サンプルは、「”既存の” Theater-Start」というコマンドをGoogle Homeからも実行できるようにします。

  1. 「Configure」から「TCP/IP Server」を追加します。この時Default IPアドレスに「0.0.0.0」を入力。
  2. 「Program」に戻って、「One Shot」「Stepper」「SIO」「前述で追加したTCP/IP Server」を下記のように結びます。

SIOと実行したいOUTPUTをORでまとめます

最後に「Serial I/O」と実行したいタスクを「OR」でたばねます。

Google Assistantを設定しましょう

続いてGoogle Homeの設定方法を行います。
>>コチラをご参考下さい。