IFTTT-クレストロン

ポート設定を行います(1回のみの作業)

【留意事項】

  • 本システムは、Google HomeなどIFTTTをトリガーにして、クレストロンのプログラムにある特定のシンボルをHiにさせるのを目的としております。それ以外のクレストロンのプログラムについてのサポートは一切行っておりません。
  • また、本システムに対してクレストロン社は一切サポートを行っておりません。

ポート設定の概要

ポート設定1) クレストロンがサーバーになるように、ポート10208番をLISTENにします。
・・・Google Assistantなどをトリガーにして、クレストロンを使って家電を動かす。

ポート設定2) クレストロンからLinked Boxに対してポート5000番を介してコマンドを送信できるように設定。
・・・クレストロンがセンサーを感知したことによって、LINEで通知したりするときに使います。

ポート設定の詳細

1. TCP/IP Client とTCP/Serverの両方を追加します

2. TCP/IPの設定

↓「TCP/IP Client」を選択して、Advanced IP Scannerで取得したLinked BoxのIPアドレスを入力します。

3. TCP/IPサーバーの設定

↓今度は「TCP/IP Server」を設定して、”0.0.0.0″と入力します。
(0.0.0.0は「全てのクライアントからサーバーになりえる。」という設定です。Linked BoxのIPアドレスでも構いませんが、一般的には0.0.0.0にします。)

4. プログラムモードに戻ります

↓TCP/IP Clientはコメントアウト、続いてTCP/IP Serverの方をダブルクリック

↓ 下記のように結びます。

これでLinked Boxから001(CR)が送られると、SIO-1がハイになります。
SIO-1と実行したいアクション (StepperやDelay)などのとをORで束ねたらOKです。
(Google Homeから001(CR)を送信する方法は次のセクションで詳しく説明します。)

↓このよう流れになります

続いて、Google Homeで「電気つけて」と話しかけると「001(CR)」を送信する方法を説明します。
続いて、Google Homeで「電気つけて」と話しかけると「001(CR)」を送信する方法を説明します。

グーグルアシスタントの設定

「IF」を設定

1) 「人のアイコン」 > 「Create」を選択します。

2) 「+」を選択します。

3) 「assistant」と入力すると、候補として「Google Assistant」が表示されるので、それを選択します。

4) 「Say a simple Phrase」を選択します。

5) タスクになる日本語を入力します。(3個まで入力可) この言葉を認識して、機器を動かします。

「THEN」を指定してテキストをFirebaseに送信

Thenの「+」をクリックします。

7) 「Webhooks」と入力すると、Webooksが候補に表示されるので、それを選択します。

8) 「Make a web request」を選択します。

9) 下記のとおり下記項目を入力します。

①URL:「https://greenworks-be237.firebaseio.com/googlehome/dealer-code/customer-code/word.json」と入力
dealer-codeは代理店ごとにグリーンワークスから与えられたコードです。
※customer-coderはLinked Boxで割り振ったお客様ごとのたコードです。(>>ココをクリック)
②Method:「PUT」
③:Content Type 「application/json」
④:Body 「”001″」~「”099″」の通し番号
※この番号がコマンドフュージョンやクレストロンにTCP/IPで送信されます。

入力したら「Create action」をクリック

10) 最後に「Finish」をクリックして完了です。

①ここをONにしていると、iPhoneなどに通知が届きます。OFFでも問題ありません。

これでOK Google Home にむかって「OK Google電気つけて」と話かけると、Linked Boxが001をキャッチして、Linked Boxからクレストロンに向けて001(CR)が送られます。
クレストロンのSIO-1を電気をつけるようにプログラミングして下さい。