CF Linkとは

 “CF Link”はLAN Brdigeシリーズの拡張バスです

CF Linkはコマンドフュージョンの中でもLAN Bridge、CF Mini、DIN-MOD4、CF IR Blaster同士を拡張(連結)するためのインターフェイスです。

 コマンドフュージョンをCF Linkで連結

 

「拡張バス」と聞けば、なんだか難しい設定が必要に感じますが、
その設定は実に直観的にできるように設計されています。

 

CommandFusionメーカーサイト

CF Link CommandFusion

初めての人には少し難しいかも知れませんが、やってみると意外と簡単なのが分かります。

まずはCF MiniやDIN-MOD4の説明から

CF Linkの説明に入る前に、コマンドフュージョンのベーシックな部分を説明させて頂きます。実質的な役割を担うのがCF Mini及びDIN-MOD4です。

CF Miniの概要

CF MiniはIO(接点感知) x 4 , リレー x 4 , IR x 8ポート持ちます。

DIN-MOD4の概要

4つのカートリッジ挿入のためのスロットを持ち、各カートリッジを用途に合わせて装着します。

CF MiniやDIN-MOD4をLANに接続するのがLAN Bridge

当然ですが、iPhone/iPadでCF MiniやDIN-MOD4を制御する場合、これらをLANに接続しなければなりません。
どのようにしてLANに接続するのか説明致します。

なんとCF MiniやDIN-MOD4にはLANの接続ポートが無い!

CF MiniやDIN-MOD4が実質的なメインのコントローラーなのですが、写真からいずれもLANの差込口がないことに気づきましたでしょうか?

CF MiniにはLANポートがない

LAN Bridgeが実質のLANの差込ポートとなります

LAN BridgeがCF Linkを介してCF MiniやDIN-MOD4をLANに接続します。
メインサイトでは、簡素化するためにまとめて「コマンドフュージョン」と表現しています。

CF MiniやDIN-MOD4にはLANが無い理由

 

私自身正直、「なんで最初からCF MiniにLANの差込口をつけないんだ?」と疑問に思いました。

 

↓CF Miniの取付図(実際の現場)
CF MiniにLANポートが無い為、わざわざCF Linkケーブルの処理をしてLAN Bridgeと固定しなければなりません。現場では面倒です。

コマンドフュージョンは「CF Linkで拡張することを前提」に設計されているからです

CF Linkはシリーズ同士230台も接続することができます。これによって自由度の高いオートメーションシステムが導入できるのです。

下の写真はコマンドフュージョン社のテストルーム。DIN-MOD4が48台接続。全てMOD-LRY8が接続されいているため、8 x 4 x 48 = 1,536系統のリレーを制御できる様子が体験できました。。

CF Linkの「拡張」という特性は、ケーブルを一か所に集めなくていい、という考えにも置き換えることができます。
(下の図ではLAN Bridgeは割愛)

まさにユニバースの拡張性

余談ですが、「CF Link用の配線ができない」「230台を超えてしまった!」という場合、LAN Bridgeを使って拡張できます。

まさに無限の可能性があるといっていいでしょう。

単体で使用したい場合は、CF Soloを選びましょう

単体で使用できる場合は、CF Soloを使用してもOKです。CF SoloはLAN Bridgeなどから後で発売されました。

CF Solo

(必ずご覧ください)
>>LAN BridgeとSoloの違い