LAN BridgeとCF Soloの違い

LAN Bridge と CF Solo、どちらもコマンドフュージョンを代表するハードウェアです。
しかし実際導入となると、その似て非なる性質に気づきます。双方の違いについて紹介したいと思います。

どちらを使う

  • 中~大規模➔LAN Bridge
  • 小規模➔CF Solo

と使い分けるのをお勧めします。
一見CF Soloが劣っているかというと、そういう訳ではありません。

LAN Bridgeの特徴

単体で使用されることは殆どありません。スケジュール機能が優れています。
CF MiniやDIN-MOD4、IR Blasterなどと、CF Link接続で拡張して使用することを前提に設計されています。

CF Soloの特徴

LAN Bridgeと異なりCF Linkがありません。そのためスタンドアロンで使用することができます。
更に裏面の「拡張カード」を使ってRS-232Cやリレーポートといった専用カードを装着することができます。

比較表

LAN Bridgeはスタンドアロンで使用されることは殆どないため、表ではCF Miniと接続した値になっています。

  LAN Bridge CF Solo
特徴
  • CF Linkで拡張できる
  • LAN Bridgeのみで使用しない
  • 単体で使用できる
  • CF Linkをもたない
価格 「LAN Bridge + CF Mini x1台」と「CF Solo + CARD-LRY3」がほぼ同価格。
CF Link IPとCF Link IPのみ
IRポート数 8  (CF Miniを1台連結時) 6
接点感知ポート 4  (CF Miniを1台連結時) 4
リレーポート 4  (CF Miniを1台連結時) 3 (CARD-LRY3 を1個装着時)
6 (CARD-LRY3 を2個装着時)
条件付ルール(※1) 複雑 簡単
アプリ どちらもiViewerで操作可能。いずれもGUI Designerで作成。

※1:「接点を感知した時」の条件付きのルールのことです。