床暖房の施工方法

Youtube

必ず1回路タイプでお願いします

床暖房はJEM-Aと呼ばれる信号を使って「入/切」します。JEM-Aは「入/切」のトグルの命令しか存在しません。テレビのリモコンに例えると、「電源ボタン」しか無いのと同じと思って下さい。つまり2回路の物の場合、どっちを操作する、といったような指定する概念がありません。2回路必要な場合、必ず1回路タイプを2台用意して下さい。
また「入/切」の命令しか存在しないため、温度などの変更はできません。

施工区分

コマンドフュージョンは制御盤に配置。そこからJEM-Aアダプターを介して床暖房コントローラーにJEM-A専用ケーブルを敷設します。

施工区分

①:制御盤の取付➔電気工事業者
②:コマンドフュージョン取付け、コネクター処理➔当社(または当社指定業者)
③:LANケーブル配線➔電気工事業者
④:JEM-Aアダプター結線➔当社(または当社指定業者)
⑤:JEM-A結線➔電工事業者様 (話し合い。差すだけです。)
⑥:床暖房取付業者様

(床暖房の系統数によってコマンドフュージョンの数が変わります)

具体的な結線図

JEM-A工事の配線処理
盤に置かれたコマンドフュージョン~JEM-AアダプタまではLANケーブルを使うのが一般的です。

参考写真

④JAM-A制御アダプタ

制御盤まで配線します。

④JAM-A制御アダプタ

茶/赤 制御信号 (ON/OFF制御)
橙/黄 モニタ信号(動作状態)

④施工写真1

メンテナンスしやすいように点検口を壁に設けて頂きました。

施工写真2

床下に点検口。数か月後にはベッドが置いていました。メンテナンスしにくいです。

施工中の写真3

当社代理店が施工している様子。JEM-Aの4芯を延長しているのが分かります。

壁の中に転がし

青字の機器をコンセント裏の壁内に転がすこともあります。