条件付けルール

はじめに

あなたは、「CF Mini又はDIN-MOD4が特定の信号を受けた時、特定の命令を実行する。」とセットしたとします。
例) ↓「CF MiniのIO1番がショートしたら、DENONの電源ONのIRを発光する。」

よかったらコピペして下さい。

↓(もしもIO1がショート)
\xF2\x20\xF3RIOXCHA\xF4MM|P01:D:1\xF5\xF5

↓ (IRを発光)
\xF2\x20\xF3TIRXSND\xF4P01:MEM:DENON:PW ON\xF5\xF5

この時、「特定のIO接点が感知していた時のみ実行する。」
という方法を紹介します。

条件付けの方法

  1. 「IO2がショートしたぞ!」と定義するマクロを追加します。

    ↓よかったらコピペして下さい。
    \xF2\x20\xF3CCFXVAR\xF4AA:IO2CLOSED\xF5\xF5
  2. 実際にIO2がショートした時と上で作成した定義を関連付けます。

    これで「IO2がショートすると、AA:IO2CLOSED」と定義することができました。
  3. いよいよ「IO1がショートし時、AA=IO2CLOSEDの時はMacro1を実行する。」とセットします。
    Macro1を変更します。
    CF社のマニュアルには以下が記載されています。

    \xF2<ID>\xF3TCFXCON\xF4<VARIABLE><OPERATOR><VALUE>\xF6<TARGET_ID>:<COMMAND>:<DATA>\xF5\xF5

    ID・・・CF MiniのIDなので20
    ・Valiable・・・変数です。この場合AAになります。
    ・OPERATOR・・・通常 == で構いません。
    ・TARGET ID・・・CF MiniのIDなので20
    ・COMMAND・・・実行したいコマンドです。Macro1では「TIRXSND」になります。
    ・DATA・・・元々のF4以降の部分です。今回では、「P01:MEM:DENON:PW ON

    \xF2\x20\xF3TCFXCON\xF4AA==IO2CLOSED\xF620:TIRXSND:P01:MEM:DENON:PW ON\xF5\xF5
    が完成しました。良かったらコピペして下さい。

やや煩雑な作業です

気づいたと思いますが、やや煩雑な作業ですので、必ず事前に社内で何度も練習を重ねて下さい。